ドアの隙間に収納棚を作って収納場所を増やす DIY

少しの空間を使って収納場所を増やすDIY。

収納場所が少ないので、ドアの上の空間を利用して自分で棚を作る。

こちらがドアの上の隙間に作った収納棚。

近づいて斜め下から映したところ。

真下から移した写真。

載せているベニヤ板がへこまないように真ん中に2本の角材で補強。

棚の作り方はとっても簡単。

まず、細く長い角材を長さに合せて切断をし、壁に貼り付ける。

角材には子供部屋の仕切り壁を作った壁紙が残っていたので、張り付けて見栄えをよくする。

壁紙で覆った角材を壁に木ねじで落ちないようにしっかりと取り付ける。

角材と角材の貼り付けには直角の金具で落下しないように木ねじで取り付け。

あとはサイズを合わせたベニヤ板を載せるだけ。

これも壁紙が余っていたので張り付けて見栄えを良くする。

完成したら毛布4枚程度が載せられる棚だ。

かかった費用も角材、ベニヤ板ぐらいなので1,000円程度で作ることができた。

Goog Job !!

DIYをする時間がなければリフォーム会社を活用

時間も手間もかかるので、すぐに壁を作りたい時などもあると思う。

そんな時にはDIYで家を建てたハウスメーカーやリフォーム会社などで仕切り壁を依頼しよう。

そのようなときの比較サイトはこちら。

Town Life タウンライフ

地域、住まいのタイプ、依頼内容を入力をすれば、リフォームプランや見積もりを無料で複数社から提案をしてくれるサービス。

あとは出てきた複数のリフォームプランや見積もりを自宅で比較検討をするだけ。

タウンライフ

<リフォーム登録会社の一例>

ミサワリフォーム、住友不動産の新築そっくりさん、住友林業のリフォーム、東京ガスリモデリング、トヨタホーム、東急Re・デザイン、土屋ホームトピア、オカムラホーム、アイフルホームなど

大手のリフォーム会社も登録されているので、地元のリフォーム会社と比較検討ができるのは便利だ。

トランクルームの利用

さて、収納を作っても収納が足りない場合は、トランクルームを活用することも考えられる。

トランクルームであれば、月額単位で借りることもでき、あちこちに設立されているので、季節毎に預け替えることもできる。

トランクルームなら.R(ドッとあ~る)コンテナ

空きスペースにコンテナを設置して格安で荷物を補完できるサービスだ。

バイクなどやスタッドレスタイヤなどを補完するのに便利だ。

最新型トランクルーム・貸し倉庫の「キュラーズ|Quraz」

コンテナではなく、ビル全館がトランクルームというシステム。空調も完備されており、セキュリティも保たれているので、重要なものを補完する場合に安心なサービスだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする