ワイヤレスイヤホン Bluetooth 無線、防水対応って使えるかも




楽園おっさんはワイヤレスヘッドホンを好んで利用をしている。

でも小さいのでなくしてしまったり壊れたりなどして4代目のワイヤレスイヤホンを購入だ。

選定のポイントとして、無くすショックが無いように安い事、ゴムやシリコン製のイヤーピースがついているということが前提だ。

Appleのイヤホンはあるけれども、どうもイヤーピースがついていないのでしっくりこない。

音漏れはしないんだろうけど、ちょっと心配。

購入をしたのは以下の製品


HOUSEN Bluetooth ヘッドセット イヤホン 完全ワイヤレス IP68防水規格 タッチ操作  通勤 通学 ランニング ジム ドライブ用  高音質 通話 ミニ 軽量 片耳 内蔵マイク 収納パック付き IPhone Android 対応 日本語マニュアル付 アフターサービス完備

ポイントは防水ということだ。

水深1.2メートルの水の中に30分間持たせることが出来るという触れ込みだけど、そのような状況で利用することはまず無い。

でも、この夏の猛烈の暑さの中でジョギングをしていると、耳の中が汗が蒸れて耳の中で汗をかくことが多い。

その汗でイヤホンが壊れる?ことがある可能性があるので、汗対策でこの製品を試しに購入をしてみた。

早速Amazonで製品を購入。

すぐに届いたのでダンボールから開けると小箱が入っている。

その小箱をあけると出てきたのがイヤホンケース。

はい、ここまでは予想通りの展開で次にこのケースのチャックを外した画像。

それぞれメインのイヤホン、充電用USB、イヤーピースが袋に入っているので取り出してみる。

まーそうだよね。特に変わったとことがないイヤホンセットだ。

説明書は日本語、英語はわかるが、あとは中国語?フランス語?ということで何語で書いてあるかは分かりません。。

説明書は

<はじめに>

1.3種類のイヤーピースをご提供・・・同梱物の説明だ

2.装着の仕方・・・耳に装着って、、それしかないって。

3.音声チェック

<装着>

1.イヤホンを耳に入れます。・・・それしかない

2.イヤホンを回転しつつ、耳に一番合う位置につけてください・・・そりゃそうだろ

<ペアリングの仕方>

1.電源オフの状態で、イヤホンのMFBボタンを2-3秒ぐらい長押しをして赤ライトが点灯、そのまま6秒押して赤と青のライトが相互に点滅するまで手を離し、イヤホンはペアリングモードに入ります。

2.お手持ち端末のBluetooth一覧で「NB2」もしくは「NT1」を探しペアリングしてください。

<音声チェック>

イヤホンとスマホをペアリングしてお好きな音楽を楽しんでください。高音低音など、音に問題があるのかをチェックしてください。

音漏れを防ぐために、耳に一番合うイヤーピースを選択してください。

上記の説明書通りやれば、1分以内でペアリングが出来てイヤホンが利用できるようになる。

めちゃくちゃ簡単で、悩むことは無いと思う。

1週間利用をした感想としてはタッチ操作が好き嫌いがあるか。

ボタンになっているタイプは押している感覚があるけど、タッチ操作(タブレットのような感じ)だとちょっと触れただけで一時停止になるという事。

耳の収まりの位置を直す場合は、横側を触らないと一時停止になってしまう。

あとは他の製品と比較して少し大きめかも。

まー若干だけど。

あとは無くさないように気をつけるだけだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする