リモートワーク、オンライン授業のための必要な設備、快適グッズ

新型コロナウイルス感染予防のために遠隔で仕事や学校の授業、塾の講義などを受ける機会が2020年3月ごろから急速に広まった。

自宅でリモートワークや授業を受けるために用意していない人が多いと思う。

急いで設備をそろえるが、そもそも何が必要なのかわからない人も多いと思う。

過去よりリモートワークをしてきていたので、快適に過ごすための方法を紹介しよう。

リモートワーク、テレワーク、在宅勤務とは?

「Remote Work(リモートワーク)」とは遠隔で仕事をする総称で、「Telework(テレワーク)」とも言われる。

情報通信技術(インターネット等)を活用して、時間や場所(自宅、喫茶店、リゾート地)なので制約を受けずに、柔軟に働く形態だ。

インターネットの普及に伴い、IT企業では過去より少しずつ活用されてきたが、なかなかそのほかの業種では採用されていなかった。

やはり会社に来てさぼらずに仕事をしているのか、管理監督者としては従業員の時間管理が楽ということもあった。

しかし、考えてみれば「会社にきても仕事をさぼる人はさぼるし、自宅にいてもさぼる」ということは、時間、場所は関係なく「ダメな人はダメ」だということだ。

そもそもさぼる人を雇用しているのは非常に会社として損失が大きいが、日本企業では従業員の解雇は非常にハードルが高い。

そのため、何となく会社に来て仕事をしているフリをしている社員があぶり出されてきている。

意欲が高い若手からすると、給料が高い「働かないおじさん」が社内にいることによって、労働意欲が下がってしまうという悪循環になってしまう。

そのような「働かないおじさん」はこれからの社会では淘汰されていくだろうが、今後はリモートワーク、テレワークが働き方として確立してくだろう。

リモートワーク、テレワーク、オンライン授業に必要なインターネット回線

リモートワーク、テレワーク、オンライン授業にはインターネット回線が必要だ。

自宅にすでにインターネット回線が用意されていればよいが、そうでない場合は回線を引く、もしくはモバイルWifiなどの設備を調達する必要がある。

尚、Simを直接装着することができるPCやタブレットも利用できる。

どの回線を利用するかはすごく重要だ。

なぜなら、インターネット回線の速度は、仕事の効率に直結するからだ。

会社にあるPCやサーバのデータを読み込んで手元のPCにデータを残さない方式のRDP(リモートディスクトップ)で接続をしている人も多いと思う。

リモートワーク(RDP)で必要な通信容量

利用するPCの画質、データ量、利用頻度などにもよるが、RDPで8~10時間仕事をすると、「1~3GB/日」ぐらい平気で消費をしてしまう。

1か月で土日を除く20日働くとすると「20~60GB」の通信容量が必要となる。

よくある格安Simサービスのデザリングでは全く足りない通信容量だ。

そのため、無制限の通信容量の回線を用意する必要があることはわかるだろう。

それでは次にリモートワークに必要な回線を紹介しよう。

NURO光

NURO光とはソニーが展開する回線事業サービスだ。

特徴としては速度が速いにかかわらず料金が安いという点だ。

「NURO 光 G2 V プラン」の月額基本料金は、回線利用料金、プロバイダ料金の他、無線LANルーター、セキュリティサービスも含まれていてほかのサービスよりも安価に提供されている。

通信速度が速い

上記のように機器使用時の通信速度は利用者の通信環境と規格により異なるが、あくまでも理論上は2Gbpsで通信をすることができる。

有線接続の場合は最大 1Gbps、無線接続の場合は通信規格 IEEE802.11ac にて通信をおこなう。

月額料金が安い

Nuro光は月額料金が他の光回線業者と比較すると1,000円ぐらい安い。

他のサービスは携帯会社との割引もあるが、うちは格安のMVNOを利用して割引対象ではないので、あくまで回線コストで比較をした。

NURO光をキャッシュバック特典がある

NURO光を申し込む際にキャッシュバック特典もあるので、通常料金も安く契約をすることができる。

また、いろいろなNURO代理店がキャッシュバックで契約を受け付けているが、オプションをつけないと減額されるなどあまりお勧めではない。

そのため、一番お得なのは公式サイトから申し込む方法だ。

NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

ただし、インターネット回線を申し込んで自宅の工事が完了して利用をするまでには通常は1~2か月ぐらいの期間が必要だ。

そのため、すぐに利用をするのであれば、モバイルWifiを利用する方法が最適だ。

解約金不要で完全定額、容量無制限  STAR WiFi

月額で容量無制限、契約期間や解約金も無いので不要時は即返却可能ななんとも融通がきくモバイルWiFiだ。

通常は容量制限がないとうたいながら実際には3日で利用できるデータ容量に制限があったりするのだが、このモバイルWiFiはすべて制限がないというのがすごい。
SoftBank回線を使用しているので、速度、安定性も安心だ。

容量無制限 STAR WiFi

まずはインターネット環境を整えたら、次は利用する設備だ。

リモートワーク、テレワーク、オンライン授業に必要なパソコン

仕事で利用をする場合は会社から支給されたPCを利用したりする。

あるいは個人のPCを利用して会社のPCに接続をするということもある。

いわゆるBYOD(Bring your own device)と呼ばれる個人のデバイスを仕事に利用する方法だ。

その時にどのようなPCを利用するかといえば、仕事、オンライン授業で利用する最低限の設備は欲しい。

PCに内蔵しているのであれば、マイク、スピーカー、Webカメラは欲しい。

ないのであれば、外付けで用意することになるが、Webカメラはカメラについているもので十分だ。

新品のPCも10万円程度でかなり良いものが購入できるし、それほどスペックが必要ないので、中古PCでも十分だ。

5年落ちぐらいでも十分に機能を満たし、1~3万円程度で企業が利用していた5年リース満了後のPCなども揃っている。

年間30,000台の実績がある中古パソコンショップで、30日間無償保証をしている専門店だ。

吉祥寺、中野、東村山、下北沢に実店舗も構えており、ネットで購入も可能だ。

ジャンクワールドYahoo!店【Yahoo!ショッピング店】

リモートワーク、テレワーク、オンライン授業に便利な音響グッズ

Web会議やオンライン授業の音声を聞いたり、話したりする場合に2つのデバイスがある。

選択のポイントは以下の通り。

周りに人がいて声を聞かれたくない場合・・・マイク付きイヤホン・ヘッドセット

個室などで周囲を気にする必要がない場合・・・マイクスピーカー

では、それぞれ紹介をしよう。

マイク付きイヤホン・ヘッドセット

片耳タイプ、両耳タイプ、有線、ワイヤレスと様々な製品が販売されている。

値段も1,000円ぐらいから3万円ぐらいの高級品などいろいろだ。

短い時間の利用であれば、1,000円ぐらいのものも十分利用できる。


そして音にこだわりたい人はノイズキャンセラー付きの高級品を利用するのが良い。

例えば世界的に有名なヘッドセットのメーカーを紹介しよう。

会社のコールセンターなどで利用されているワイヤレスの製品だ。


マイクスピーカー

耳につけていると蒸れたり、違和感がある人もいるだろう。

そんなときはマイクスピーカーがお勧めだ。

有線のヘッドセットだと動けるのはケーブルが届く範囲のみだが、マイクスピーカーなら部屋中を歩き回れることができり。

ただし、マイクの性能によりこちらからの声を相手に届けるのは1mや3mなど製品により異なるので、話すときには近づく必要はある。

様々なメーカーから発売をされているが、音の良さとして評判が良い製品を紹介しよう。

まずは世界的な音響メーカー「Jabra」の製品だ。

マイクスピーカー、ヘッドセット製品など数多くの音にまつわる製品を販売しており、シェアも高く世界中で利用をされているので間違いのない製品だ。


次にもう一つ。

日本の楽器メーカー「ヤマハ」から発売をされている1~4名用のマイクスピーカー「YVC-200」だ。

色はホワイトとブラックの2種類。

PCとはUSB接続かBluetoothのいずれかで接続ができ、バッテリーも内蔵されているので、電源のないところで利用をできるのがうれしい。


会議をしたり、授業を受ける際の音は非常に重要なので、こだわりたい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする