外壁、屋根の塗装業者の探し方、安く依頼をする方法

マンションの場合は毎月の管理費を支払って修繕を行う。

一戸建ての家の場合はメンテナンス費用は定期的に積み立てていけばよいが、なかなか日々の生活でメンテナンス費用として積み立てていくのは難しい。

しかし家を長く維持するためには、定期的なメンテナンスが必要だ。

自分で行うDIYで外壁、屋根の塗装をすることも考えたが、足場を業者に組んでもらう、あるいはレンタルして壁や屋根の塗装をするのは少し危険だ。

足場を踏み外して落ちて骨折でもしたら仕事にも影響をするし、そんなに数日間の一気に作業をする時間は取れないし、雨なっど振ったら作業できずにスケジュール通りにいかないと思うので断念。

素人が塗装をするのは困難なので、今回は専門業者に依頼をする。

地域により異なると思うが、およそ新築から10年で屋根や壁の塗装をおこなうことが平均的な目安だ。

さて、その10年経ち塗装をすることになったのでその記録をしておこう。



10年目で壁、屋根の傷み具合は?

まず、自宅の壁はサイディングボードを利用している。

このサイディングボードとは一般的な戸建の外壁に利用をされていることが多い素材だ。

昔はモルタルという素材を張り付けていく工法が多かったが、最近ではサイディングボードで加工をすることが多い。

このサイディングボードも劣化をしていき、白い粉を吹いてくる。

そのサイディングボードを外壁に貼り付けていくが、その隙間を埋めるのが「シーリング材」と呼ばれるものだ。

この「シーリング材」は簡単に言うとボンド、ゴムみたいな素材で弾力性があり、サイディングボードの隙間から雨、風を防ぐために目地の役割をする。

当然ながら劣化をしていくので、10年もたてばひび割れなどが目立つようになる。

また、10年もたつと壁や日当たりが悪い北側の屋根などにはコケが発生したり、黒ずみが目立つようになり、家が古ぼけてみえるようになっていく。

新興住宅街や都市開発などで一度に何十棟の戸建てが販売された地域も多いと思うので、同様に劣化していくはずだ。

塗装を請け負う会社に聞いたが、塗装を請け負った家の周りの家も同様に劣化していることが多いので、営業をかけていって仕事をとることが多いという事だ。

外壁塗装業者を選定するポイント

まずは見積もりをとるところから始めよう。

少なくとも3社からは見積もりを取るようにしたい。

①自宅を建てたハウスメーカー

②地元の塗装業者

③塗装業者の見積もり比較サイト

尚、ハウスメーカーに依頼をしたくない方や、近くの塗装業者を知らない場合はインターネットから塗装業者を紹介してくれるサービスを展開している会社もある。

外壁、屋根のリフォームを無料でオンラインで申し込めるサービスがあるので2つのサービスを紹介しよう。

タウンライフリフォーム(外壁・屋根特集)

アイディア、アドバイス、費用、見積もりなどを自宅に居ながら依頼ができるので非常に便利だ。

タウンライフ

2つ目は元大手コンサルティング会社、元証券会社、元銀行員などが役員に就いており、10年以上もサービスを展開しているのが「プロヌリ」だ。

全国300社の優良塗装業者の中から、希望にあう、そして希望数を指定して塗装業者を紹介してくれるので手間なく比較検討ができるサイトなので安心だ。

プロヌリサイト

さて、合い見積もりを見比べることによってその地域の外壁塗装の相場が分かるはずだ。

見積もりの方法となるとまずは自宅の坪数で概算金額が出てきて、あとは痛み具合の状況により金額が上下する。

また、利用をする塗料の種類、塗る回数などにも金額が変わってくるので、出てきた見積もりについて細かいところまでチェックをしよう。

足場が無料というサービスもあるが最終的にはトータル金額で比較だ。



見積もりを取ったら条件を詰めて塗装業者に注文

見積もりが出そろったら比較をして施工業者を決める。

おっさんの家は30坪ぐらいでおよそ出てきた見積もりは以下の通り。

A社(自宅を建てたハウスメーカー):120万円

B社(地域リフォーム会社):100万円

C社(近所の小さな塗装会社):140万円

100万円~140万円とかなり開きがあった。

内容を精査して最安値に頼むのも考え方だけど、ちょっとリフォーム会社の安値が気になる。

ずさんな塗装をされたら「安物買いの銭失い」ということわざもあるので、後々の保証も考えて家を建てたハウスメーカーに依頼。

ただし、120万円で発注をすることはなく、価格交渉を行う。

交渉のポイントとしては、

1.「私はあなたに注文をしたい」という熱意

2.「ただしこの金額だと高いので他に依頼せざるをえない」という状況説明

3.「価格を下げてくれたらすぐに依頼する」という期限を設定

自分で交渉ができない方がいれば、「妻が金額が高いので他の業者でいいじゃないかと言っている」などと人のせいにして交渉に臨もう。

外壁塗装業者も価格交渉をされることには慣れているので、きっと価格交渉に応じてくれるはずだ。

あまりにも安値の交渉となるのであれば、ぎりぎりの価格提示もしてくれる。

そこで絶対にしてはならないのは、塗料の質を落としたり、塗る回数を減らして金額を下げる方法だ。

質を落として値段を下げるのは価格交渉とは言わない。

単純に見積内容の変更なので、そのことは肝に銘じて交渉しよう。

で、最終的には一番安い「100万円」まで値下げをしてくれたので、ハウスメーカーに注文をした。

値下げ交渉をあることを前提に高めに価格を提示をしてくることがあるので、1社では決めずに交渉をした結果だ。

塗装業者を決めてから完成まで

塗装業者が決まればあとは日程などの細かい事を決める段階だ。

塗装業者を足場を組む業者が異なることがあるので、足場組み → 高圧洗浄 → 養生 → さび止め → 外壁、屋根塗装 → 足場解体という流れになり、おおよそ2週間程度の作業だ。

塗装期間中には自宅前か近所に工事車両が駐車され、あるいは高圧洗浄時に水が飛び散ったりすることなどがあるため、近所のポストに工事の案内文をいれる場合もある。

また、足場を組んだあとで塗装をする際に、周りにペンキが飛び散らないように足場回りに保護シートを取りつける。

その間は日当たりが悪くなったり、洗濯物を外で干せなかったりするので少し我慢。

あとは職人さんに少しでも気持ちよく働いてもらうために、夏の暑い日には飲み物の差し入れなど心遣いをすれば完璧だ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする