静岡のキャンプ場(公共施設)有料12施設+無料2施設

家族や仲間、あるいは一人で自然の中でアウトドアを楽しむ機会が増えてきている。

格安にお得に、無料で利用ができるのが国、県、市、町、村で運営している公共のアウトドア施設(キャンプ場)の紹介サイトだ。

尚、調査時点の施設概要、設備、料金を掲載しているので、気になる施設のホームページなどで最新情報を確認して利用をすることをお願いしたい。

おすすめや穴場、無料の公共施設のキャンプ場

施設名 市町村 オートサイト(サイト数) フリーサイト(サイト数) 風呂/シャワー
静岡県県民の森キャンプ場 静岡市 700円~(65) シャワー
静岡市清水森林公園 黒川キャンプ場 静岡市 無料(33)   ー
梅ケ島キャンプ場 静岡市 450円~(90) シャワー
玉川キャンプセンター  静岡市 宿泊棟 850円~ シャワー
浜石野外センター 静岡市 1,020円(15) シャワー
田貫湖キャンプ場 富士見市 2,500円/サイト+入場料200円(300) シャワー
乙女森林公園 第1キャンプ場 御殿場市 2,050円(25) 1,020円(10) シャワー
乙女森林公園 第2キャンプ場 御殿場市 5,140円(13) シャワー
国立中央青少年交流の家 御殿場市 学生無料、一般800円(19) シャワー
沼津市市民の森 沼津市 無料(24)   ー
だるま山高原キャンプ場 伊豆市 3,500円(12) 2,500円(8) シャワー
萬城の滝キャンプ場 伊豆市 2,700円+入場料 小学生100円、中学生以上 210円(36)   ー
宇久須キャンプ場 西伊豆町 5,500円(100) シャワー
須津山休養林キャンプ場 富士市 510円/区画(5)  ー
野田山健康緑地公園キャンプ場 富士市 無料   ー

静岡県県民の森キャンプ場

住所:静岡県静岡市葵区岩崎字穴入284

TEL:054-260-2214

期間:通年

タイプ サイト数 料金
テントサイト(持ち込み) 30 700円/区画
テントサイト(常設) 35 1,200円/区画
6人用 ロッジ 2 3,900円/室
4人用 ロッジ 6 2,750円/室
ログハウス(ロフト有) 7 10,250円/棟
ログハウス(ロフト無) 15 8,200円/棟




静岡市北部の井川・梅ヶ島地区の標高1,500mにある夏でも涼しい林間のキャンプ場だ。

大きな広場もありキャンプファイヤーも利用できる。

ロッジも最大36人が宿泊できるので、団体での貸し切りも可能だ。

様々なイベントもかいさいされているので、いろいろな体験もできる施設だ。

静岡市清水森林公園 黒川キャンプ場

住所:静岡県静岡市清水区西里1310-1

TEL:054-395-2999

期間:通年

料金:無料

竜爪山の麓にある清水森林公園内の無料のキャンプ場だ。

キャンプ場前の黒川では水遊びができる。

キャンプ用品のレンタルなどはないので、準備をしっかりして訪問したい。

梅ケ島キャンプ場

PENTAX DIGITAL CAMERA

住所:静岡県静岡市葵区梅ケ島3198番地地先

TEL:054-269-2459

期間:通年

タイプ サイト数 料金
フリーサイト 90 持ち込みテント、タープ 1張450円、

常設テント1,540円(2張)

10人用バンガロー 5 8,640円/棟
デイキャンプ 450円/6名毎

静岡市にある林間の自然豊かなキャンプ場だ。

アスレチック広場もあり、おもいっきり子供たちは走り回れる施設だ。

ハイキングもでき近くには釣りもできる施設もある。

玉川キャンプセンター

住所:静岡県静岡市葵区長妻田755番地

TEL:054-297-2016

期間:通年

タイプ サイト数 料金
25人用 宿泊棟 8部屋 850円/泊
10人用 バンガロー 2棟 8,640円/棟
6人用 バンガロー 2棟 5,170円/棟

旧小学校を利用した珍しいキャンプ場だ。

今回はテントを張る施設ではないが、安く宿泊できるので紹介をした。

自然豊かな場所にあり、川遊びなどもできるので子供たちは楽しめるだろう。

浜石野外センター

住所:静岡県静岡市清水区由比阿僧934-6

TEL:054-375-4105

期間:通年

タイプ サイト数 料金
テントサイト 15 1,020円/区画
6人用 ログハウス 2棟 5,140円/棟
宿泊棟 A 30人×2室、60人×1室 中学生以下 300円、高校・大学等 510円、一般 720円
宿泊棟 B 4人×2室、6人×2室 中学生以下 510円、高校・大学等 820円、一般 1,020円

駿河湾を眼下に見える場所にある青少年の成長と体育の向上を目的とした宿泊施設だ。

屋根付きの炊事棟、大きなセンター広場、アスレチック設備もあるスポーツ広場があり、様々な行事が行える。

田貫湖キャンプ場

住所:静岡県富士宮市猪之頭2929-10

TEL:0544-27-5240

期間:通年

タイプ サイト数 料金
フリーサイト 300 テント 2,500円/張

タープ 1,000円/張

デイキャンプ 3,000円/4名

増員1名毎 大人800円、小人400円

静岡県富士宮市の朝霧高原の一角にある田貫湖のほとりのキャンプ場だ。

約350本のソメイヨシノや山桜が咲き揃い、初夏には南側テントサイト周辺で蛍が見られる。湖ではへら鮒つりやブラックバス釣り、ボート遊びなども可能だ。

バーベキュー用品も充実しており、手ぶらでバーベキューが可能だ。


乙女森林公園キャンプ場

住所:静岡県御殿場市深沢2190

TEL:0544-27-5240

期間:通年

乙女森林公園 第1キャンプ場

タイプ サイト数 料金
テントサイト 10 1,020円/区画
オートサイト 25 2,040円/区画
7人迄 ティピー 1 4,110円/張
4人迄 ティピー 2 3,080円/張
5人用 バンガロー 大 5 11,310円/棟
5人用 バンガロー 小 5 6,170円/棟
5人用 ロッジ 3 13,370円/室
バーベキュー炉 9 1,020円/炉

乙女森林公園 第2キャンプ場

タイプ サイト数 料金
オートサイト 6 5,140円/区画
4名用 コテージA 3 16,450円/棟
5名用 コテージA 1 16,450円/棟
6名用 コテージB 1 20,570円/棟
8名用 コテージC 1 24,680円/棟

御殿場市にある第1、第2と区画が分かれている林間のキャンプ場だ。

第1キャンプ場にはティピーという元々はアメリカインディアンのうち、おもに平原の部族が利用する移動用住居の一種であるテントがある施設だ。ティピーの床の中心には開口したかまどがあり、小規模の焚火ができるテントがある珍しい施設だ。

管理棟内ではレンタル用品コーナーもあり困ったときにも安心だ。

富士山も見え、ツリークライミングも楽しめる施設だ。

国立中央青少年交流の家

住所:静岡県御殿場市中畑2092-5

TEL:0550-89-2020

期間:7~9月

料金:青少年無料、一般800円

世界の平和と日本文化の発展を願って設立された歴史ある施設だ。

宿泊棟は7棟あり計500名が宿泊をすることができる。

キャンプサイトは7~9月の営業だが、その他の宿泊棟は通年営業だ。

沼津市市民の森

住所:静岡県沼津市西浦河内字堂山50

TEL:055-942-3103

期間:4~10月

料金:無料

沼津市内にあり林間のキャンプ場だ。

利用者は、責任者(成人の者)のいるグループ等に限られるば、沼津市民以外も無料で利用できる施設だ。

施設内のケビン(4名用)も無料で利用をでき、工作室などもあるので色々な体験ができる施設だ。

だるま山高原キャンプ場

住所:静岡県伊豆市大沢1018-1

TEL:0558-72-0595

期間:3~11月

タイプ サイト数 料金
フリーサイト 8 2,500円
オートサイト 12 3,500円

達磨山の山裾にある林間のキャンプ場だ。

食堂・おみやげ物はも近くのレストハウスで購入することもでき、何かと便利な施設だ。

萬城の滝キャンプ場

住所:静岡県伊豆市地蔵堂776-1

TEL:0558-83-2654

期間:通年

タイプ サイト数 料金
テントサイト 30 宿泊 2,700円/区画

休憩 540円/区画

6人用 バンガロー 10 宿泊 6,480円/棟

休憩 2,160円/棟

入場料 小学生 100円、中学生以上 210円

萬城の滝の近くにある林間のキャンプ場だ。

炊事場、バーベキュー場もあり、イベントも開催できる体験棟も設備されている。

6~10月には、渓谷(キャニオン)の中を歩いて泳いで天然のウォータースライダーを滑り降りたり、滝つぼにダイブしたり、ロープを使ったを駆使し、自分の体を使って渓谷を下っていくアウトドアスポーツも体験すことも可能だ。

宇久須キャンプ場

住所:静岡県西伊豆町宇久須深田

TEL:0558-55-0311

期間:4月~9月

タイプ サイト数 料金
テントサイト 100 5,500円/区画
8名 ゲストハウスA 1 40,000円棟
8名 ゲストハウスB 1 35,000円/棟

伊豆半島にある前長500mの遠浅の浜辺に広がる海水浴場のキャンプ場だ。

収容は100サイトと非常に大きく、管理棟、炊事棟、更衣室の設備が整っている。水洗トイレ、温水シャワー、炊事棟、更衣室等も設備が整っている。

須津山休養林キャンプ場

住所:富士市江尾1035番地

TEL:0545-55-2783

期間:4月~11月

料金:510円/区画

須津山休養林内にある、テントサイト5ヶ所の小さなキャンプ場だ。

近くに大棚の滝、須津川がある。

非常に小さなキャンプ場のため、集団で貸し切りで楽しむこともできるだろう。

野田山健康緑地公園(金丸山)キャンプ場

住所:富士市中之郷地先

TEL:0545-55-2783

期間:通年

料金:無料

炊事棟、トイレ、駐車場と設備が最低限の林間のキャンプ場だ。

そのため事前準備はしっかりをして楽しみたい。

キャンプを安く手軽に楽しむ方法

キャンプを始めたい人は何から揃えたらよいのかわからない人も多いだろう。

キャンプ道具を購入すると初期費用が高い、保管場所が必要、どんどん新しいモデルが発売される、年に1、2回キャンプに行くぐらいならキャンプ道具をレンタルしてしまうという方法がお勧めだ。

クリーニングやメンテナンスは不要で、テント、タープ、寝袋、ダッチオーブンなどの料理道具、テーブル、チェア、ランタン、ライトなどキャンプをするための一通りの道具を選択してレンタルをすることができる。

テント単体で7,000円~、テント+タープセットで13,000円~と購入するより非常にリーズナブルだ。

キャンプ用品レンタル専門店「キャンプスマイル」

全国900カ所以上のコテージ、ログハウスのサイト、全国800カ所以上の公共キャンプ場のサイト、最後に全国250カ所以上のグランピング、バーベキュー場については以下のリンクから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする