東京都のキャンプ場(公共施設)有料4施設+無料2施設

家族や仲間、あるいは一人で自然の中でアウトドアを楽しむ機会が増えてきている。

格安にお得に、無料で利用ができるのが国、県、市、町、村で運営している公共のアウトドア施設(キャンプ場)の紹介サイトだ。

尚、調査時点の施設概要、設備、料金を掲載しているので、気になる施設のホームページなどで最新情報を確認して利用をすることをお願いしたい。

おすすめや穴場、無料の公共施設のキャンプ場

施設名 市町村 オートサイト(サイト数) フリーサイト(サイト数) 風呂/シャワー
きつねっぱら公園子どもキャンプ場 小平市 無料 100名程度
山のふるさと村 奥多摩郡 一般 200円/1泊

子供100円/1泊(25)

シャワー
日影沢キャンプ場 八王子市 無料(17)
城南島海浜公園 大田区 4,000円/1区画(22) 高校生600円/1泊

小中学生300円/1泊(20)

平和島公園 大田区 区内利用者 2,200円

区外利用者 2,600円(3)

若洲海浜公園 江東区 15歳以上 600円/1泊

小人 300円/1泊(117)



きつねっぱら公園子どもキャンプ場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

住所:小平市小川町1丁目3005番地

TEL:042-343-1611

利用料:無料

2人以上の利用で半数が小平市民であることが必要な施設だ。

山のふるさと村

住所:東京都西多摩郡奥多摩町川野1740

TEL:0428-86-2324

利用料:200円/泊

車の乗り入れはできないが、区画が決まっているのでオートキャンプのようなイメージで利用が可能。

それぞれの区画には野外テーブルとイスが設置されているため有効活用が可能だ。

日影沢キャンプ場

住所:東京都稲城市板浜1307

TEL:042-663-6689

利用料:無料

高尾山の北側の森林に設置されているキャンプ場だ。

11張りのテントを張ることが出来るぐらいのこじんまりとした施設となる。

尚、電話やインターネットで申し込むのではなく、往復ハガキで申し込みを行う施設だ。

城南島海浜公園

住所:東京都大田区城南島4丁目2番2号

TEL:03-3799-6402

オートキャンプ場:22サイト

利用時間 入場時間
11:00から
日帰り 1泊2日 2泊3日 3泊4日
21:00迄 10:00迄 21:00迄 10:00迄 21:00迄 10:00迄
利用料金(円) 一区画 2,000 4,000 6,000 6,000 8,000 8,000
AC電源 500 1,000 1,500 1,500 2,000 2,000

フリーサイト(第1キャンプ場):18サイト

利用時間 入場時間
11:00から
日帰り 1泊2日 2泊3日 3泊4日
21:00迄 10:00迄 21:00迄 10:00迄 21:00迄 10:00迄
一人当たりの

利用料金(円)

高校生以上
(大人)
300 600 900 900 1,200 1,200
小・中学生 150 300 450 450 600 600

フリーサイト(第2キャンプ場):20サイト

利用時間 入場時間  11:00から 日帰りのみ  17:00まで
一人当たりの利用料金(円) 高校生以上(大人) 300
小・中学生 150

大田区にあるキャンプ場で地理的には最も便利なキャンプ場だ。

海沿いのため林間でのキャンプではないので暑さ対策は重要だ。

場内にある城南島アウトドアセンターではテント、タープなどキャンプ道具一式、また食材も注文をすることができるので、キャンプ初心者の家族には最適だ。

まずはレンタルから初めて、徐々にスタイルに合わせてアウトドア製品を揃えていくことができる。

当然ながら都内にあるので買い物には困らない。

公共ならではの公園内の施設だ。

平和島公園キャンプ場

住所:大田区平和島四丁目2番2号

TEL:03-3766-1607

利用料金:区内利用者 2,200円

区外利用者 2,600円

予約は以下のサイトから申し込みを行い、利用者が多ければ抽選となる。

うぐいすネット

宿泊施設は3区画しかないので、当たればラッキーだ。

公園内にプール併設されているので、夏は昼はプール、夜はキャンプという遊びができる。

若洲海浜公園

住所:東京都江東区若洲三丁目2番1号

TEL:03-5569-6701

日帰り料金:15歳以上 300円  小人 150円

1泊2日  :15歳以上 600円  小人 300円

以降1泊毎:15歳以上 300円追加  小人 300円追加

江東区の若洲にあるキャンプ場だ。

場内にある若洲アウトドアセンターではテント、タープなどキャンプ道具一式、また食材も注文をすることができるので、キャンプ初心者の家族には最適だ

近隣には釣りができる釣り専用の防波堤があり、スズキ、カサゴ、メバル などの魚が釣れ、竿のレンタルや餌の販売もしているので子供たちが気軽に楽しむことができる。

キャンプ中には楽しむことはできないと思うが、都内でも非常に珍しいゴルフ場「若洲ゴルフリンクス」がある。

このゴルフ場は埋立地に作られた海辺の施設だ。高低差はないが海辺で風があり、都内に近いのでとても人気なゴルフ場でなかなか予約が取れない。

キャンプを安く手軽に楽しむ方法

キャンプを始めたい人は何から揃えたらよいのかわからない人も多いだろう。

キャンプ道具を購入すると初期費用が高い、保管場所が必要、どんどん新しいモデルが発売される、年に1、2回キャンプに行くぐらいならキャンプ道具をレンタルしてしまうという方法がお勧めだ。

クリーニングやメンテナンスは不要で、テント、タープ、寝袋、ダッチオーブンなどの料理道具、テーブル、チェア、ランタン、ライトなどキャンプをするための一通りの道具を選択してレンタルをすることができる。

テント単体で7,000円~、テント+タープセットで13,000円~と購入するより非常にリーズナブルだ。

キャンプ用品レンタル専門店「キャンプスマイル」

全国900カ所以上のコテージ、ログハウスのサイト、全国800カ所以上の公共キャンプ場のサイト、最後に全国250カ所以上のグランピング、バーベキュー場については以下のリンクから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする