昔懐かしい駄菓子 キャベツ太郎など太郎セットを購入




何となく立ち寄った二木の菓子で太郎セットなるものを購入。

二木の菓子って昔からTVコマーシャルやってるけど昔からお菓子中心に販売をしている。

2018年7月24日でホームページ見ると、店舗数が12店舗(2008年4月現在)て記載がある。

二木の菓子

http://www.nikinokashi.co.jp/

10年前から店舗が増減していないのか、あるいはホームページを更新していないだけなのか、もうちょっと頑張って更新したほうがのか良いとは思うが、老舗企業だからあまり気にしないんだろうか。

ホームページ更新したからと言ってネットでお菓子を購入することは増えないだろうし。

で、何となく衝動買いをしたお菓子のポップによると、太郎シリーズなるものがあるらしいので調べてみた。

製造者:株式会社菓道

本社所在地:茨城県常総市古間木1503-3

設立:1977年9月

従業員:170名

株式会社菓道はホームページが存在しない会社だ。(2018年7月現在)

しかも170名の会社だとそこそこ大きな会社なので、余計にホームページが無いという事は驚きだ。

何が入っていたのかというと

■スナック

1.キャベツ太郎

2.玉葱さん太郎

3.もろこし輪太郎

4.もろこし輪太郎 ピリ辛豆板醤

5.ラスク屋さん太郎

■魚肉すり身

6.わさびのり太郎

7.酢だこさん太郎

8.蒲焼さん太郎

9.お好み焼さん太郎

10.焼肉カルビ太郎

11.焼きさん太郎

12.ビーフジャーキー太郎

13.のし梅さん太郎

14.甘いか太郎

15.甘いか太郎 キムチ味

16.いか太郎 カットするめ入り

■あられ

17.餅太郎

18.ニュー餅太郎

■即席めん

19.どーん太郎

20.ラーメン屋さん太郎

21.やきそば屋さん太郎

21点入っていて税抜298円(税込:322円)

楽園おっさんが子供の頃から食べていたキャベツ太郎、蒲焼さん太郎などなど本当に懐かしい。

子供たちは新しいのかもしれないが、本当に昔から食べているので同じ会話ができるのがうれしい事だ。

もう一つのポップによるとTBS「マツコの知らない世界」の駄菓子特集で、太郎セットが紹介されたらしい。残念ながら楽園おっさんは見ていないけど。

確かに昔から販売をされているけど、同じ会社のシリーズものだとは知らなかった。

会社設立から40年を超える長寿会社だと本当に子供たちから愛されている企業だと思う。

10円単位のお菓子を作り、その積み上げで170名の従業員を抱えている。

今後も頑張っって子供たちの楽しみを継続してほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする