石川県のキャンプ場(公共施設)有料6施設

家族や仲間、あるいは一人で自然の中でアウトドアを楽しむ機会が増えてきている。

格安にお得に、無料で利用ができるのが国、県、市、町、村で運営している公共のアウトドア施設(キャンプ場)の紹介サイトだ。

尚、調査時点の施設概要、設備、料金を掲載しているので、気になる施設のホームページなどで最新情報を確認して利用をすることをお願いしたい。

おすすめや穴場、無料の公共施設のキャンプ場

施設名 市町村 オートサイト(サイト数) フリーサイト(サイト数) 風呂/シャワー
石川県健康の森 輪島市 620円/区画(15) シャワー
皆月青少年旅行村キャンプ場 輪島市 510円/張~+入場料210円~(20) シャワー
西俣キャンプ場 小松市 3,600円/区画(30) 2,100円/区画(9) シャワー
木ノ浦健民休暇村 珠洲市 4,540円/区画(20) 710円/張(100)  -
ちびっ子自然センター 羽咋市 2,050円/区画~(7)  -
休暇村能登千里浜 羽咋市 フリー1,230円(100)+管理料410円/人、区画3,090円~(16)+管理料510円/人 風呂



石川県健康の森

住所:石川県輪島市三井町中長谷12

TEL:0768-26-1413

期間:4月~11月

タイプ サイト数 料金
テントサイト 15 日帰り:620円、宿泊:620円
10人用 ログハウス 1 19,020円/棟
7人用 ログハウス 1 15,720円/棟
4人用 ログハウス 1 12,570円/棟
6人用 バンガロー 6 日帰り:1,770円/棟、宿泊:3,450円/棟
バーベキュー舎 5 920円/炉

石川県が運営する体験型の複合施設だ。

施設内には体験施設があり、ウッドバーニング体験やそば打ちなど様々な催しものが開催されている。

多目的ホールや厨房も利用することができるので、大人数で楽しめる施設だ。

皆月青少年旅行村キャンプ場

住所:石川県輪島市門前町皆月ミ−17

TEL:0768-42-1111

期間:3月~11月

料金:小学生:210円、中学生以上:410円

持ち込みテント 6人用迄:510円/張、10人用迄:620円/張

日本海の絶景を見渡す丘にあるキャンプ場だ。

海にも近く海水浴や釣りを楽しんことができる。

西俣キャンプ場

住所:石川県小松市西俣町ニ217

TEL:0761-67-8100

期間:4月~11月

タイプ サイト数 料金
テントサイト 9 2,100円/区画
オートサイト 30 3,600円/区画
デイキャンプ 10 1,500円/区画

緑に囲まれた林間のキャンプ場だ。

施設にはターザンロープや滑り台などのアスレチック遊具、休憩所、また川も流れていて川遊びも可能だ。

西俣自然教室では100名が泊まれる宿泊室、体育館など格安で利用をすることもできる。

木ノ浦健民休暇村

住所:石川県珠洲市折戸町ニ75

TEL:0768-86-2204

期間:7月~8月

タイプ サイト数 料金
フリーサイト 100 710円/張
オートサイト 20 4,540円/区画
管理費 大人:300円、小人:250円

夏だけ利用できる日本海沿いのキャンプ場だ。

フリーサイトは広くゆったりと利用をすることができる。

また、木ノ浦海岸には、能登半島有数のダイビングスポットがあり、海釣りのポイントも近く、山に海にといろいろ中継点となれる施設だ。

ちびっ子自然センター

住所:石川県羽咋市柳田町シ1

TEL:0767-22-7799

期間:3月~11月

タイプ サイト数 料金
テントサイト(炉無し) 3 2,050円/区画
テントサイト(炉有り) 4 3,080円/区画
野外炉(8人用) 4 1,020円/炉
野外炉(12人用) 4 2,050円/炉
野外炉(12人用)屋根付 6 2,570円/炉
野外炉(14人用) 1 2,570円/炉

その名前の通り子供たちが自然を学べることを目的としたキャンプ場だ。

すべり台やアスレチック遊具などがあり、子供たちが楽しめる設備がそろっている。

休暇村能登千里浜

住所:石川県羽咋市羽咋町オ70

TEL:0767-22-4121

期間:4月~10月

タイプ サイト数 料金
オートフリー 100 1,230円/張+管理料 幼児以上410円/人
オート区画 (床有) 14 3,600円/区画+管理料 幼児以上510円/人
オート区画 (床無) 2 3,090円/区画+管理料 幼児以上510円/人
常設ドームテント 5 5,140円/区画+管理料 幼児以上510円/人

設備が整った休暇村にあるキャンプ場だ。

海にも近く、釣りや海水浴も楽しむことが可能だ。

施設内には温泉施設もあり、露天風呂や壺湯などかけ流し温泉を楽しむことができる。

能登千里浜 空き状況、予約サイト(楽天トラベル) 

キャンプを安く手軽に楽しむ方法

キャンプを始めたい人は何から揃えたらよいのかわからない人も多いだろう。

キャンプ道具を購入すると初期費用が高い、保管場所が必要、どんどん新しいモデルが発売される、年に1、2回キャンプに行くぐらいならキャンプ道具をレンタルしてしまうという方法がお勧めだ。

クリーニングやメンテナンスは不要で、テント、タープ、寝袋、ダッチオーブンなどの料理道具、テーブル、チェア、ランタン、ライトなどキャンプをするための一通りの道具を選択してレンタルをすることができる。

テント単体で7,000円~、テント+タープセットで13,000円~と購入するより非常にリーズナブルだ。

キャンプ用品レンタル専門店「キャンプスマイル」

全国900カ所以上のコテージ、ログハウスのサイト、全国800カ所以上の公共キャンプ場のサイト、最後に全国250カ所以上のグランピング、バーベキュー場については以下のリンクから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする