愛知県のキャンプ場(公共施設)有料6施設

家族や仲間、あるいは一人で自然の中でアウトドアを楽しむ機会が増えてきている。

格安にお得に、無料で利用ができるのが国、県、市、町、村で運営している公共のアウトドア施設(キャンプ場)の紹介サイトだ。

尚、調査時点の施設概要、設備、料金を掲載しているので、気になる施設のホームページなどで最新情報を確認して利用をすることをお願いしたい。

おすすめや穴場、無料の公共施設のキャンプ場

施設名 市町村 オートサイト(サイト数) フリーサイト(サイト数) 風呂/シャワー
愛知県民の森 新城市 2,600円+利用料 大人200円+子供100円(125) 風呂
少年自然の家キャンプ場 春日井市 4人用:200円、6人用:300円、8人用:410円(30) 風呂
総合野外センター青少年キャンプ場 豊田市 市内大人:200円、子供:100円

市外 大人:500円、子供:300円(45)

 -
大曽公園 常滑市 640円/泊  -
桑谷キャンプ場 岡崎市 無料(29)  -
愛知こどもの国 西尾市 400円/張+高校生以上200円、中学生以下100円 シャワー



愛知県民の森

住所:愛知県新城市門谷字鳳来寺7-60

TEL:0536-32-1262

期間:通年

タイプ サイト数 料金
テントサイト 125 トップシーズン:4,600円

通常料金:4,000円

12~3月:2,600円

オートサイト 5 通常料金:3,600円

12~3月:2,600円

バンガロー 13 トップシーズン:4,500円

通常料金:3,500円

12~3月:2,500円

利用料 大人:200円、子供:100円

大津谷川の清流を利用した水遊び場を有する林間のキャンプ場だ。

屋根根付き大型炊事場や、すぎの木センターがあり、キャンプファイヤーもあるので大人数で交流を深めることができる。

少年自然の家キャンプ場

住所:愛知県春日井市廻間町1102-1

TEL:0568-92-8211

期間:通年

料金:4人用テント:200円/張、6人用テント:300円/張、8人用テント:410円/張

春日井市にある少年自然の家の施設内にあるキャンプ場だ。

工作室、野外ステージ、研修室など子供たちの施設が充実している。

総合野外センター青少年キャンプ場

住所:愛知県豊田市坂上町朝日山13-1

TEL:0565-58-1388

期間:通年

料金:市内 大人:200円、子供:100円

市外 大人:500円、子供:300円

豊田市にある愛知高原国定公園の六所山、炮烙山一帯にある林間のキャンプ場だ。

野外活動や集団活動等を行うための青少年の育成施設のために設立されている。

大曽公園

住所:愛知県常滑市大曽町6丁目3番地

TEL:0569-35-2797

期間:通年

大曽公園は知多半島の真ん中に位置する公園内のキャンプ場だ。

園内には研修棟、芝生広場、キャンプファイヤー場、BBQ場、炊事場ばあり、様々な楽しみ方ができる。

炊事場には石窯もあり、ピザやパンを焼くことができる。

桑谷キャンプ場

住所:愛知県岡崎市桑谷町字雨山1番地

TEL:0564-23-6920

期間:3月~11月

料金:無料 29サイト

岡崎市にある無料の林間キャンプ場だ。

設備は最低限揃っているので、準備は整えていきたい施設だ。

愛知こどもの国

住所:愛知県西尾市東幡豆町南越田3番地

TEL:0563-62-4151

期間:5月~10月

料金:400円/張 +高校生以上200円、中学生以下100円

100万平方メートルの広大な児童総合遊園施設で、その中にあるキャンプ場だ。

芝生広場、運動広場、展望台があるあさひが丘、ミニカー、ゴーカート、キッズルームあるゆうひが丘があり、様々な遊び方ができる。

キャンプを安く手軽に楽しむ方法

キャンプを始めたい人は何から揃えたらよいのかわからない人も多いだろう。

キャンプ道具を購入すると初期費用が高い、保管場所が必要、どんどん新しいモデルが発売される、年に1、2回キャンプに行くぐらいならキャンプ道具をレンタルしてしまうという方法がお勧めだ。

クリーニングやメンテナンスは不要で、テント、タープ、寝袋、ダッチオーブンなどの料理道具、テーブル、チェア、ランタン、ライトなどキャンプをするための一通りの道具を選択してレンタルをすることができる。

テント単体で7,000円~、テント+タープセットで13,000円~と購入するより非常にリーズナブルだ。

キャンプ用品レンタル専門店「キャンプスマイル」

全国900カ所以上のコテージ、ログハウスのサイト、全国800カ所以上の公共キャンプ場のサイト、最後に全国250カ所以上のグランピング、バーベキュー場については以下のリンクから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする